死ぬ日が来るまで

生きることに疲れました。希望のない日々の記録です。

予算との関係

心屋さんの言っていることは、心理学的には理解できるのですが、経営学的には理解できません。
そうではないですか、お金を出せば入ってくるなら、予算は必要ありません。
出しただけ、あるいは出した以上に入ってくるなら、どんどんお金を使えばいいということになります。
しかも、金額ではなく好きか嫌いかを基準にせよと。
これではまるで放漫経営のすすめです。

 


それともこれは個人に限っての話で、企業は別なのでしょうか?
しかし、個人だって普通予算を組んで毎月のやりくりをしています。
買い物するたびに値段を見ずに好きか嫌いかで商品を選んでいたら、絶対に予算オーバー、月の途中でお金が足りなくなると思います。

 


お稽古と言うか修行のつもりで、「好きか嫌いか基準」を実践していますが、そろそろ予算オーバーが見えてきました。
どうしたらいいのでしょうか?
このままでは、月末までもちません。
もっとも、予算オーバーと言うだけで、お金が足りないわけではありません。
この間老親からもらったお金がありますから、お金自体は足りているのです。

 


予算なんか忘れなさい、ということでしょうか。
結局、予算を守るか、予算そのものを廃止するか、という選択になってしまっているのですけど、どうしたらいいのでしょう。

 


「お金基準」をやめるためには、予算を廃止するしかありません。
毎月の予算がある以上どうしたってお金を払うときに金額は気になります。
ひとつひとつの選択は「好きか嫌いか基準」で行いつつ、結果として予算内に収まってくれればいいのですけど、そんな都合良く行くでしょうか?

 


やっぱりあれですかね。
自分はこれくらいの金額で生活するのが分相応という認識が予算な訳ですから、予算なんて考え方をやめるべきなんでしょうかね。
とりあえず今お金はあるのですから、後先考えずに面白そうなこと、楽しそうなことにじゃんじゃん使ってしまえばいいのでしょうか。

 


常識の外と言えば、そういうことになるのかもしれません。
もう、あれこれ考えるのが面倒になってきました。
はぁ~。