死ぬ日が来るまで

生きることに疲れました。希望のない日々の記録です。

休日って何をすればいいの?

仕事から解放された日のはずなのに、気が付けば仕事に役立ちそうな本を読んでいる。
時間外手当も付かないのに、何をやっているのか。

 

社畜になることを拒否しているはずなのに、心が社畜になっている?
いや、そんな大げさなことではなく、単純に仕事が好きなのだろう。

 

休日は、仕事のことを忘れて、思いっきり楽しもう。
って、良く言うけど、これが一番苦手なのです。
思いっきり楽しんだことなど、今まで一度もない。

 

考えてみると、羽目を外すって言うけど、どうやったら羽目を外せるのか、それも良く分からないな。
そもそも、羽目を外しちゃっていいものなの。

 

どうしたらいいのだろうか。
休日だけ別の人間になるしかないのか。

 

別の人間になって、別の収入源を得られるのならいいけど、結局別の人間としての消費をするだけになりそうで。
贅沢な遊び?

 

別の収入源を得るというのも、逆に大変なことで、休日には別の人間として稼がなければならないとしたら、それこそ本末転倒。
休日にならないじゃん。

 

 

 

ゴロゴロしてればいいのかな?
一日中ゴロゴロしてるって、とても退屈なんだが。

 

う~ん・・・・・・。
訳分かんない。

 

60過ぎて、未だ休日の過ごし方が良く分からないバカな人間です。