死ぬ日が来るまで

生きることに疲れました。希望のない日々の記録です。

年金

昨日、年金の請求に行ってきた。
12月から支給が始まるらしい。
真面目に保険料を払って来なかったのだから仕方がないけれど、65歳になるまでは年額30万円くらいだ。
月に2万5千円。
お小遣いとしては悪くないかな。

 

 

200万円の借金は、別の収入を作って返すしかないみたいだ。
かつて億単位のビジネスを企画していたことを考えると、どちらもはした金なんだけど、お金ってないときはないものなんだよね。

 

 

65歳になっても、支給額は年額70万円くらいだから、年金だけで生活出来るわけがない。
家内には、「死ぬまで働くから」と、言っておいた。
適当な仕事がずっとあればいいのだけれど。
ああ、それより体が持つかな?

 

 

まあ、いいか。
生きてるだけで丸儲けって誰か言ってたよね。
お昼、何食べようかな。